微笑む女性

栄養療法で病気を身体の中から治していきます

健康を支える食事

食事

病気の改善と予防

栄養療法は、普段の食事でも欠かせませんが怪我をした時や病気になった時などは特にいつも以上に気を付ける必要があります。食べ物に含まれる炭水化物や脂質、タンパク質などの栄養素は血や筋肉などを作り体を構成して健康を維持していくために欠かせません。健康な人でも栄養のある食事を摂る必要がありますが、怪我や病気をするといつも以上にエネルギーが必要で食欲不振に陥りやすくなるので栄養療法が大切になります。現代では、不規則な食事やバランスの取れていない食事を摂ることで病気になる人も増えています。病気の症状改善や予防のためにも、バランスの取れた栄養が豊富な食事を摂るように心がけて管理していくことが大事になっています。

調味料を減らすこと

栄養療法では、バランスの取れた栄養のある食事にすることが欠かせませんが使う調味料を減らすことが重要です。塩分の多いもの、糖分の多いものは現代に多い生活習慣病を引き起こす元になるからです。味付けが濃いと余分な老廃物が体内に溜まるようになり、何より血管を傷つけてしまうと言われています。そこで、塩分を少なくし汁物は少量にし、料理にかけて食べるのではなく少量を皿にとってそこにつけて食べるようにします。栄養療法では味付けを薄くする代わりに、香辛料やお酢などを上手く使ってカモフラージュすると自然と薄い味付けに慣れるとされています。また、少ない種類のおかずをたくさん食べるのではなく少量ずつのおかずを種類を増やすようにするのがコツです。

Copyright © 2016 栄養療法で病気を身体の中から治していきます All Rights Reserved.