微笑む女性

栄養療法で病気を身体の中から治していきます

一般的な治療の流れ

ご飯

治療方法の流れとは

栄養素を用いて病気の疾患にアプローチするのが栄養療法であります。この栄養療法はうつ病や統合失調症など精神疾患に対する治療法として行われることもあります。精神疾患と栄養、この二つを結び付ける発想はあまり注目されていませんが、すでに1950年代のカナダで始められた治療法であり歴史もあるのです。一般的な栄養療法の流れとしては、医師の診察を受けたときに尿検査や血液検査を行います。検査結果が出るころに再受診して、医師から検査結果について詳しい説明を受けます。そして医師が必要な栄養素が含まれているサプリメントを選択します。そのサプリメントについてクリニックで注文して料金を支払うようにします。サプリメントを続けて数か月後に再び検査を行い、治療効果を判定します。

治療法が広まる必要性

統合失調症やうつ病など精神科や心療内科の領域の病気の治療では、薬を使って症状をコントロールすることがメインとなっています。しかしそれはあくまでも対症療法であるため、根本的な治療ではないといった指摘もあります。更に患者の訴えに応じて飲む薬の量が増えてきてしまうケースが多くなっているケースもあります。飲む薬が増えれば副作用が出る可能性も増えますが、そこで注目されるのがカナダで始まった栄養療法と呼ばれる治療法です。脳内の神経伝達物質のバランスが保たれるためには、必要な栄養素をきちんと補充してあげることが重要になるのです。しかしながらこの栄養療法を実施しているクリニックの数は少ないので、この治療法が広がることに注目が集まっています。

Copyright © 2016 栄養療法で病気を身体の中から治していきます All Rights Reserved.